窓ガラスフィルム施工プロ/Business Succeed LLC
ビジネスサクシード(同) 千葉県千葉市稲毛区園生町1312-1-512 TEL:043-400-8012 電話受付:9:00〜19:00(土・日・祝日休み)
東京都港区浜松町2-2-15 浜松町ダイヤビル 2F TEL:千葉本社又はお問い合わせフォームにて対応 施工:年中無休
ガラス貼りのオフィスビル

【国家資格】1級ガラス用フィルム
施工技能士による確かな施工



フィルムの貼り替えについて

フィルムの貼り替えについて
フィルムの耐久性は、内貼りの場合は10年〜15年で外貼りの場合は5年〜7くらいと言われています。

ウィンドウフィルムは有機材料でできているので、紫外線や熱線、周囲の湿度、空気中のオゾンなどによって次第に劣化します。
フィルムの劣化進むと「飛散防止」「日射調整」等の機能が低下して、本来の性能が発揮できません。

ウィンドウフィルムの劣化の程度はフィルム施工した方位、使用環境等によって大きく異なるため、一様に耐用年数を定められません。

フィルムの貼り替え時期
施工後10年程度が経過している場合は、
貼り替えをお勧めしております。

ウィンドウフィルム全般の劣化判断
外観検査でフィルムの曇り、景色の歪み、膨れ、ひび割れ、端部の剥がれ等が発見されましたら、異常の程度応じて、経過観察または貼り替えを提案致します。
ウィンドウフィルムを張り替えることにより、窓全体の外観が向上します。

窓ガラスフィルムの劣化診断

飛散防止フィルムや日射調整フィルムなど、劣化診断によって、引き続き安心してお使いいただける状態か、それとも貼り替えが必要なのかが分かります。

1.飛散防止フィルムの場合
物理特性検査の測定値で、フィルムの強度や伸び、ガラスへの接着力が、JIS A5759の規格値を下回っている場合、この状態ではガラスの飛散防止性能が低下しているので、ガラスが割れた際に破片を十分に保持できない可能性があります。

2.日射調整フィルムの場合
光学特性の測定値で、日射遮蔽効果が大きく低下している場合、この状態では遮熱機能が十分に発揮できず、空調負荷の低減効果が低下している可能性があります。

貼り替え時のフィルムの剥がし方

1.防水養生
水または洗浄液を使用するため、窓周りを防水養生を行ってください。

2.フィルムの加湿
フィルム全面に水または洗浄液を十分に噴霧し、透明なポリエチレンフィルム(テープ巻き養生シート)で覆い、フィルム内へ水分を浸透させます。2時間位を目安とし、必要に応じて水分を補強してください。
※熱割れ防止のため、透明なフィルムを
使用してください。

3.フィルムのカット、剥離
フィルムを適当な大きさにカットして、
剥がします。
※ガラス面、シーリング材などを傷つけないように注意してください。
※フィルムの角を先の細いヘラやマイナスドライバー等で少し摘まめるくらいにフィルムを剥がす。(窓を傷つけないように注意)

4.ガラスの清掃
ガラス面にフィルムの粘着剤が残った場合には、水または洗浄液を噴霧し、スクレーパーを用いて除去してください。
最後にキッチンペーパーで粘着剤のカスを拭いて仕上げます。
ここまでの工程を数回繰り返し行うと元通りキレイな窓になります。

※フィルムのカット時と同様に、ガラス面を傷つけないように注意してください。

活動地域
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
電話受付
平日 9:00〜19:00 土・日・祝日休み
365日休まず施工を致しております。
(土・日・祝日OK)
お見積もり、お問い合わせ
電話又はお問い合わせページにて
※営業時間外のお見積り、お問い合わせに
関しては、お問い合わせページにて対応。
※場所・時間・依頼内容によって料金が異なりますので気軽にご連絡ください。

ご希望があれば、担当者が直接現地へ詳細説明、お見積りにお伺いします。
新型コロナウィルスについて
弊社スタッフは新型コロナワクチン接種を完了しておりますので、安心・安全施工に心がけております。(4回接種済)

弊社独自情報

最新情報

各種窓ガラスフィルム

窓ガラスのお悩み特集

窓ガラスフィルムの種類

取扱フィルムメーカー紹介

窓ガラスフィルムの豆知識

窓ガラスの豆知識

窓ガラスフィルムの施工法

お勧め一押し製品

東京都助成金制度

無料お見積り
窓ガラスフィルム施工プロでは、
現地で無料お見積りをしております。
出張交通費も無料ですので、
ご連絡お願い致します。

電話又はお問い合わせ
ページでの受付になります。

《お見積り可能地域》
東京都/千葉県/
埼玉県/神奈川県
(一部不可能な地域あり)

ご 案 内

求人ニュース

業務提携

協力会社様

弊社登録サイト

相互リンク

友だち追加

Tweet to @garasufilm_pro