窓ガラスフィルム施工プロ/Business Succeed LLC
ビジネスサクシード(同) 東京都港区浜松町2-2-15 2F TEL:03-6775-9866 受付:9:00〜18:00(土・日・祝日休み) 施工:年中無休
千葉県千葉市稲毛区園生町1312-1-512  TEL:東京本社又はお問い合わせフォームにて対応
新型コロナウィルスについて
弊社スタッフは新型コロナワクチン接種を完了しておりますので、安心・安全施工に心がけております。(3回接種済)

弊社独自情報

最新情報

窓ガラスのお悩み特集

窓ガラスフィルムの種類

取扱いフィルムメ-カ-紹介

窓ガラスフィルムの豆知識

窓ガラスの豆知識

窓ガラスフィルムの施工法

窓ガラスフィルムランキング

お勧め一押し製品

無料お見積り
窓ガラスフィルム施工プロ
では、現地での無料
見積りを致しております。
出張交通費も無料ですの
で、連絡お願い致します。

電話又はお問い合わせ
ページで受付致します。

《お見積り可能地域》
東京都/千葉県/
埼玉県/神奈川県
(一部不可能な地域あり)

ご 案 内

求人ニュース

業務提携

協力会社様

弊社登録サイト

相互リンク


ザ・ビジネスモールとは
日本全国約500団体以上の
商工会議所・商工会で共同
で運営する「会員限定」の
商取引支援サイトです。

友だち追加

Tweet to @garasufilm_pro

プロ登録サイト

ミツモアバッジ






【国家資格】1級ガラス用フィルム施工技能士による確かな施工




窓ガラスの種類について

ほとんどがソーダ石灰ガラスと呼ばれる種類のもので、その主成分は全体の70〜75%を
占めるシリカである。
ガラスの性能として規定されているもの
1.光学的性能、熱的性能 2.耐風圧性 3.耐震性 4.耐衝撃性 
5.熱割れ防止性 6.防火性、耐火性


■■さまざまな窓ガラスの種類について■■

1.フロートガラス(透明平滑ガラス)

一般的に最も普及しているガラスで表面がつるつるとした平滑面。透明ガラス(単板ガラス)とも
呼ばれるが、実は緑の透明色です。厚みは3mmもしくは5mmのものがほとんどで、最大の厚みは
19mmでそれ以上のものは、複数枚のガラスを合わせて作られている。
紫外線透過率は約90%あり、10%程しか紫外線をカットしないため、窓ガラスフィルム貼付の必要性があり。
(ガラス厚さによって紫外線透過率は変化します。)
すべての窓ガラス用フィルムの貼付が可能です。

熱割れのリスクは小です。

2.型板ガラス(凹凸ガラス)

片方表面がザラザラ(凹凸)で、もう片方が平滑なガラス。
光を拡散することで視界をさえぎる機能があるので、目隠し効果があります。
フロートガラスと比べても日射の透過率はあまり変わりません。
ロールアウト方式で片面に型模様があります。
(梨目・・2mm、石目・・3mm、つづれ・・4mm、霞・・4mm以上)
一般的な型板ガラスは凹凸面が室内側にあるので、型板ガラス用フィルム(ドライ貼り)を貼ります。
型板ガラス用フィルムは接着層が特殊な構造になっており、凹凸面にフィットして容易に
剥離することはありません。(剥離や再施工はできませんのでご注意ください。)

その他の施工方法
1.外貼り施工する。(外貼り用フィルムで対応)
2.ガラスを反転(反対側)してフィルムを貼る。
(凹凸面の裏側は平面に見えてもガラスに歪みがあるので、あまりお勧めできません。)
特に反射タイプや色付きのフィルムの場合は、その歪みを強調する場合があります。
※型板ガラス用フィルム以外は、基本的には加工面(内側)にはフィルムが貼れないので、
外側から施工するか、窓ガラスの反転を行う。
外貼りは内貼りの半分の耐久年数です(約5年〜7年)

熱割れのリスクは小です。

3.網入りガラス・線入りガラス

主に「火災時のガラスはじけ割れ防止」の目的で使用されています。
ガラス内にスチール線(異物)が入っているため、構造上強度がフロートガラスに比べ6割程度しかない。
そのため日射吸収率の高いフィルム(遮熱フィルム)を貼り付けると熱割れ現象が起きる可能性がある。
種類・・・「菱ワイヤー」「クロスワイヤー」「縦ワイヤー」があります。
厚み・・・「6.8mm」と「10mm」で一般住宅では「6.8mm」のものが多く使用されている。
フロートガラス、型板ガラス、熱吸収ガラスにワイヤーが入っているものもあります。

熱割れのリスクは大

4.すりガラス(くもりガラス)

フロートガラスの表面をサンドブラスト加工して光を乱反射させることにより不透明にしたガラスで
表面はザラザラしています。ヤスリのようなガラスで目隠し効果あり。
(加工面はザラザラ、裏はスリスリ)
型板ガラスに似ているが表面に凹凸は感じられず、ザラザラしている。
基本的には加工面にはフィルムが貼れないので、外側か窓ガラスの反転するが品質上あまりお勧めできない。
(通常フィルムは施工しない)
プロでもキズをつけてしまうほど非常に難しい施工です。

熱割れのリスクは小

5.強化ガラス(安全ガラス)

透明フロートガラスと比較すると、約3.5倍〜4倍の耐圧強度をもつ!!
面圧に対しては、割れにくいガラスですが、角のあるものが衝突したりすると簡単に全面粉々に割れる。
割れると細かい粒子になるので比較的安全性が高いガラスですが、安全性の向上が目的ですので、
防犯性能は期待できません。また表面にキズがつきやすいので洗浄作業中には注意が必要!!

※安全性(強度)が弱い順(フロートガラス⇒倍強度ガラス⇒強化ガラス⇒合わせガラス)
※一般家庭では強化ガラスを使っているところは少ない。
※施工するときは刃を新品に変えて、ゆっくり作業する。
※高価なものでキズがつきやすいためスポンジを使う。スクレーパーを当ててはいけない。

熱割れのリスクは小

6.倍強度ガラス

フロート板ガラスに比べて機械的強度及び熱的強度に優れる一方、万が一破壊しても
通常フロートガラスに近い割れ方をし、サッシから脱落しにくい性質を持つことから、近年の高層ビルの
開口部などで採用され需要が伸びているガラスです。

一般的な高層ビルの窓ガラスには、倍強度ガラスが多く採用されてます。
(高層マンションなどは複層ガラスの採用が増えています。)
倍強度ガラスはフロートガラスの約2倍の強度です。強化ガラス(フロートガラス3.5〜4倍)の強度よりは
劣りますが、強化ガラスは角のある物に弱く簡単に粒状に割れるため、高層ビルには不向きです。
倍強度ガラスは、強化ガラスと同様、製造後、切断、切り欠き、穴あけなどの加工はできない。

熱割れのリスクは小

7.合わせガラス(防犯ガラス)(安全ガラス)(防音ガラス)

ガラスとガラスの中間にフィルムや樹脂などの特殊被膜を挟み込んだ構造をしており、
比較的強度が優れているガラスです。
(高層マンションの高層階では標準装備されている 例:タワーマンションなど)
高層オフィスビルでは、倍強度ガラスがよく使用されている。

中間に使われる特殊被膜はUVカット効果を発揮する他、防犯ガラスとして利用されることが多く、
侵入犯罪の手口である「こじ破り」「打ち破り」「焼き破り」に高い抵抗力を有する。
(防犯性能が極めて高い)
現場で切断や穴あけ加工が可能です。
合わせガラスの材料板ガラスとして使われるものとして、網入りガラス、熱線反射ガラス、
熱線吸収ガラス等があります。
また、防犯性能の他、防音性にも優れている。

※合わせガラスと防犯ガラスの違い
基本的な構造やスペックは同じですが、合わせガラスよりも樹脂などの特殊被膜が厚いもの
防犯ガラスと呼んでます。
防犯ガラスや防音ガラスも合わせガラスの一種です。
(特殊被膜が音の波を消滅させる防音フィルム⇒防音ガラス)

※安全性(強度)が弱い順(フロートガラス⇒強化ガラス⇒合わせガラス)
※低放射ガラスは材料板ガラスとしては適切ではない。
※飛散防止がついているので強化ガラスと同様に安全ガラスとも言います。

熱割れのリスクは中〜大

8.熱線吸収ガラス

色が入っているブロンズ色(ブラック、グレー、グリーン、ブロンズ等)
日射の吸収特性に優れているコバルト、ニッケルなどの金属を原料に加えた着色したガラスです。
一般的に可視光線領域(近赤外線領域)の吸収機能を持たせた着色ガラスです。
日射エネルギーを約30%〜40%吸収して冷房負荷を軽減する。
日射熱取得率は1種(0.80以下)、2種(0.70以下)の2種類に区分されます。

熱割れのリスクは大

9.熱線反射ガラス

表面に金属酸化物をコーティングして、日射をより多く反射させることができるガラスです。
(ミラー系のフィルムと一緒)
冷房の効果、省エネに優れ、日射熱の遮蔽を目的としたガラスでオフィスビルに多く使われているガラスです。
(熱線反射ガラスの色の濃さには、3種類あると言われています。)

光源がある側から見た場合、鏡のように反射するので光源がない側は見えにくい(中が見えにくい)。
キズがつきやすいガラスなので清掃にはスクレーパーを使用してはいけない。
(コーティング膜にキズがつく可能性があるため)
日射熱取得率は1種(0.70以下)、2種(0.55以下)、3種(0.40以下)の3種類に区分されます。

熱割れのリスクは大

10.複層ガラス(ペアガラス)

ガラスとガラスの間に空気や希ガスの層を作り、常時乾燥状態に保つことで断熱性能を高めたガラスです。
必ずスペーサーという部品が装着されています。(シルバーに光ったもので厚さ4mm〜15mm)
中間層が寒い外気を遮断し、暖房の効率や遮音性を高めるため、現在では寒冷地のみではなく、
戸建てやマンションなどの住宅で普及が進んでいるガラスです。結露のしにくいガラスでもあります。
材料板ガラスとして型板ガラス、網入りガラス、合わせガラスを使用したものもある。
※遮熱効果はありません。

熱割れのリスク中〜大

11.Low-Eガラス(低放射)

複層ガラスに特殊な金属膜をコーティングしたガラスで高い断熱性を発揮する。
遮熱と断熱の両方の効果をもったガラス
遮熱タイプ(室外側)・・・室外側のガラスに金属膜が施されている。(遮熱を重視するタイプ)
断熱タイプ(室内側)・・・室内側のガラスに金属膜が施されている。(断熱を重視するタイプ)
太陽の日射熱を50%以上カットしてくれるので、夏は涼しく、冬は暖房熱を逃さないので暖かい。
よって、冷暖房効果が良くなり節電効果、家具の色あせをおさえるので省エネにつながります。

熱割れのリスクは大

※活動地域・・・東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
※電話受付・・・平日 9:00〜18:00 土・日・祝日休み
※365日休まず施工を致しております。(土・日・祝日 OK)
※お見積もり、お問い合わせ・・・・電話又はお問い合わせページにて
※営業時間外のお見積もり、お問い合わせに関しては、お問い合わせページにて対応致します。
※場所・時間・依頼内容によって料金が異なりますので気軽にご連絡ください。
ご希望があれば、担当者が直接現地へ詳細説明、お見積りにお伺いします。