窓ガラスフィルム施工プロ/Business Succeed LLC
ビジネスサクシード(同) 東京都港区浜松町2-2-15 2F TEL:03-6775-9866 受付:9:00〜18:00(土・日・祝日休み) 施工:年中無休
千葉県千葉市稲毛区園生町1312-1-512  TEL:東京本社又はお問い合わせフォームにて対応
新型コロナウィルスについて
弊社スタッフは新型コロナワクチン接種を完了しておりますので、安心・安全施工に心がけております。(3回接種済)

弊社独自情報

最新情報

窓ガラスのお悩み特集

窓ガラスフィルムの種類

取扱いフィルムメ-カ-紹介

窓ガラスフィルムの豆知識

窓ガラスの豆知識

窓ガラスフィルムの施工法

窓ガラスフィルムランキング

お勧め一押し製品

無料お見積り
窓ガラスフィルム施工プロ
では、現地での無料
見積りを致しております。
出張交通費も無料ですの
で、連絡お願い致します。

電話又はお問い合わせ
ページで受付致します。

《お見積り可能地域》
東京都/千葉県/
埼玉県/神奈川県
(一部不可能な地域あり)

ご 案 内

求人ニュース

業務提携

協力会社様

弊社登録サイト

相互リンク


ザ・ビジネスモールとは

日本全国約500団体以上の
商工会議所・商工会で共同
で運営する「会員限定」の
商取引支援サイトです。

友だち追加

Tweet to @garasufilm_pro

プロ登録サイト

ミツモアバッジ




【国家資格】1級ガラス用フィルム施工技能士による確かな施工



フィルム施工計画について

フィルム施工計画について詳しくご説明致します。

フィルム工事の施工計画

建築工事を組織的、計画的に行うためには、施工計画書を作成する必要があります。
施工計画書には、建築工事概要、フィルム工事に必要な工事体制、使用材料、施工法、工程、
検査方法、不合格時の手直し等について記載しなければならない。

フィルム工事の段取り

フィルム工事は、施工計画書、施工要領書に基づいて行われるが、工事を円滑に進行させるには
周到な段取りが必要です。

【フィルム工事の施工計画】

1.施工要領書の作成
施工要領書は、施工計画書に基づき、これを具体的に実施するために、その内容を詳細に記載したものです。

材料
フィルムの種類、性能、厚さ、幅、商品名。
工法の種類
1枚貼り工法、重ね切り工法、突き付け貼り工法。
施工法
施工順序及び養生、ガラス・サッシの清掃、フィルムの裁断、フィルムの貼り付け、
フィルムの仕上げ、養生材の撤去・清掃などの方法。
作業環境
内貼りの場合の作業環境の確認、外貼りの場合の強風や降雨、降雪等による施工作業の中止。
※施工要領書はフィルム施工業者が作成し、施工者又は監理者の承認を受ける必要があります。

2.工程表の作成
工程表には、全工事工程表と部分工事工程表(フィルム工事)があります。
フィルム工事の工程表は、全工事工程表に基づいて作成します。
(工期、天候、フィルム工事の窓ガラス1枚当たりの大きさ及び総施工量、作業員1人当りの作業能力を考慮)

※作業能力は、窓ガラスフィルム施工の場合
1枚貼り工法は、16u/人・日、重ね切り工法及び突き付け貼り工法は、14u/人・日
※ガラス貫通防止フィルム(内貼り)の場合
1枚貼り工法及び突き付け貼り工法で5u/人・日
また、外貼り、高層建築物の施工階数などの場合は、割り増しする必要があります。

3.作業員の手配
工程表に基づいて1日の施工量により作業員を手配する。
(工期により臨機応変に2人1組、3人1組、2人2組、3組と作業員を手配することも必要)

工期の短縮については、施工者と十分に打ち合わせ、その承認を受ける必要があります。
※新築工事の場合は、他工事の進捗状況も考慮する必要があります。

4.関連工事との関係
フィルム工事に関連して、床工事、壁工事、天井工事が未完の状態では、フィルム工事ができません。
これらの工事によって生じる塵、埃がフィルムの粘着層に吸着する恐れがあるためです。
関連工事との関係を十分に考慮して行うことが大切です。

【フィルム工事の段取り】

1.フィルムの選定
フィルムは、一般的には、設計図、仕様書に指定されているJISに適合するもので、
種類、性能、厚さのものを選定しますが、さらに製造業者の商品名などを指定する必要があります。

日射遮蔽用フィルムの場合は、反射用のフィルムか、着色用のフィルムかを協議し、
特に網入りガラスの施工については、ガラスの熱割れに十分注意する。
強化ガラス以外のすべてのガラスにおいては、熱割れ計算を実施する。
ガラス飛散防止用のもについては、ガラスの破壊機構について検討し、人体衝突によるものか、
層間変位によるものか選定する。

ガラス貫通防止フィルムについては、その施工前に、次の事項を確認するとともに施主に対して
フィルムの性能等についても説明する必要があります。
1.ガラスの厚さ5mm以上、全面貼りでその機能を発揮するものである。
2.侵入手段に有効な防犯対策で、完全に侵入を防ぐものではない。(防犯部材を補助するもの)
3.サッシの種類、使用状態、補助カギのない場合は、防犯性能に差が出る。
4.水分が乾燥し、フィルムが十分な粘着力を発揮するには、養生期間が必要であること。
5.施工後、白濁や水泡などが発生することがありますが、これらは、時間とともに消失すること。
※白濁、水泡の消失時期は、施工時期や施工箇所によって変化します。

※外貼り工事については、ゴンドラ又は足場の使用がどうか協議し、不可能な場合は、
内貼り工事への変更を協議する。
※ガラス以外へのフィルム工事は、原則として行わない。(アクリル板、ポリカーボネート板等)

【図面に基づく寸法どり、現場での寸法どり】

設計図により、窓ガラスの見付け寸法、必要枚数を算定しサイズ表を作成する。
設計図による寸法どりが基本ではあるが、必要な事項がすべて記載されていない場合もあるので、
現場での寸法どりが必要です。
既設の建築物の場合は、現場での寸法どりが基本であり、これによりサイズ表を作成する必要があります。

※活動地域・・・東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
※電話受付・・・平日 9:00〜18:00 土・日・祝日休み
※365日休まず施工を致しております。(土・日・祝日 OK)
※お見積もり、お問い合わせ・・・・電話又はお問い合わせページにて
※営業時間外のお見積もり、お問い合わせに関しては、お問い合わせページにて対応致します。
※場所・時間・依頼内容によって料金が異なりますので気軽にご連絡ください。
 ご希望があれば、担当者が直接現地へ詳細説明、お見積りにお伺いします。