窓ガラスフィルム施工プロ/Business Succeed LLC        
                       ビジネスサクシード(同) 東京都港区浜松町2-2-15 2F TEL:03-6775-9866 受付:9:00〜18:00(土・日・祝日休み) 施工:年中無休
                                     千葉県千葉市稲毛区園生町1312-1-512  TEL:東京本社又はお問い合わせフォームにて対応               
新型コロナウィルスについて
弊社スタッフは新型コロナワクチン接種を完了しておりますので、安心・安全施工に心がけております。(3回接種済)

弊社独自情報

最新情報

窓ガラスのお悩み特集

窓ガラスフィルムの種類

フィルムメーカー別製品

窓ガラスフィルムの豆知識

窓ガラスフィルムの施工法

窓ガラスフィルムランキング

無料お見積り
窓ガラスフィルムプロ施工
では、現地での無料
見積りを致しております。
出張交通費も無料ですの
で、連絡お願い致します。

電話又はお問い合わせ
ページで受付致します。

《お見積り可能地域》
東京都/千葉県/埼玉県
茨城県/神奈川県
(一部不可能な地域あり)

ご 案 内

求人ニュース

業務提携

協力会社様

お役立ちサイト

相互リンク


ザ・ビジネスモールとは
日本全国約500団体以上の
商工会議所・商工会で共同
で運営する「会員限定」の
商取引支援サイトです。

友だち追加

Tweet to @garasufilm_pro










熱割れについて

窓に取り付けられた板ガラスが日射を受けると、ガラス中央部は早く温度が上昇します。
一方、サッシにはめ込まれた周辺部分は日射を受けず、温度上昇が緩やかになるため、ガラス中央部と
温度差が生じ、中央部が膨張しようとするのに対し、周辺部分は低温のため、膨張しません。
この結果、周辺部分が中央部の熱膨張を拘束するため、周辺部分に引張応力が発生します。
周辺部分に引張応力(熱応力)がそのガラス固有の強度を越えると板ガラスは破壊します。
簡単に説明致しますと、サッシ(周辺部分)とガラス(中央部分)の温度差です。
これが熱割れです。
※引張応力とは・・・・ガラスにかかる負荷のこと
北側などの直日光の当たらない窓ガラスは熱割れの心配はありません。
熱吸収率の少ない飛散防止フィルムや防犯フィルムなどを網入りガラスや複層ガラス(ペアガラス)に
施工した場合は、フィルムが原因での熱割れのリスクはほとんどありません。

※熱割れを起こしやすい要因
1.面積が大きいガラスや厚いガラス(16mm〜19mm)は熱割れを起こしやすい。
2.マットフィルムや柄物フィルムを貼ったガラスは熱割れを起こしやすい。(熱を放出しずらい)
3.スモークタイプのフィルムや色の濃い不透明タイプのフィルムを貼ったガラスは熱割れを起こしやすい。
4.表面に傷やヒビ、色つき、部分的に日影ができるガラスは熱割れを起こしやすい。
5.南向きで直日光がよく当たる窓ガラスは熱割れを起こしやすい。
6.20年以上経過していると熱割れを起こしやすい。(経年劣化によるガラスの強度低下)
7.網入り(線入り)ガラスや複層ガラスなど特殊なガラスは熱割れを起こしやすい。
8.ガラスのエッジ部分の仕上げが雑だと熱割れを起こしやすい。
9.内外の温度差が激しい冬の朝方など
10.フィルムにシール等を貼っているガラス
11.熱線吸収ガラス熱線反射ガラス
12.サッシやゴムパッキンの劣化したガラス
13.窓にカーテンやブラインド等の遮蔽物、鏡等の反射物がある。
リスク判定
熱割れのリスク判定は、窓ガラスを使用している条件、施工するフィルムのスッペクなど様々な
情報をもとにシュミレーションを行って判定の数値を算出します。
正確な判定には専門的な知識、判断が必要です。
(支援ソフトもあります)



熱割れに関する現場調査

1.ガラスの方位(ガラスの方位を確認します。)

7種類(東、南東、南、南西、西、北西、北東)
※方位によって、熱割れシュミレーションに使用する係数が異なるので確認する。


2.ガラスの角度(ガラスの角度を測ります。)

5種類(90°、60°、45°、30°、0°)
※角度によってガラスが受ける日射量が異なり、熱割れシュミレーションにも影響するので確認する。
※ガラスが受ける日射量は、季節(夏季、冬季)によっても変わってきます。


3.ガラスの形状、種類を確認する。

網入りガラス(6.8mmか10mm)、熱吸収ガラス、熱反射ガラス、複層ガラス(Low−E含む)、合わせガラスなど
影の種類(ガラスにかかる影の種類を確認)



1.シングルシャドウ(方立または無目)

2.クロスシャドウ(方立及び無目あり)

3.パラレルシャドウ(方立、無目、周辺建物の複合的な影)

4.シャープシャドウ(樹木や看板などで濃い影が生じる)

※屋外の建造物(看板、格子、電信柱、電線)、樹木の影などにも注意します。
※シャープシャドウは形だけでなく、影が濃い物を指します。
※窓の張り出し部分などで影が生じる場合が多いことから、「影なし」というケースは稀です。


4.カーテン・ブラインドの種類(カーテンやブラインドの種類や窓ガラスとの距離を確認します。)


カーテンやブラインドの種類
設置なし
薄手のカーテン
厚手のカーテン又はブラインド
窓ガラスからの距離
100mm未満
100mm以上
100mm未満
100mm以上

※ガラスからカーテン又はブラインドまでの距離を確認します。
※上記表の右側に行くほど、熱割れに影響する可能性が高くなります。


5.ガラスの取り付け形状の種類(ガラスの取り付け形状の確認をします。)

1.構造ガスケット
2.発泡剤+弾性シーラント施工
3.ゴム+弾性シーラント施工
4.塩ビビートまたはパテ施工

※エッジ温度は、ガラスの施工状態やサッシ熱容量によって異なるため、構造の確認が必要です。
※右側に行くほど、熱割れに影響する可能性が高くなります。
※発泡剤+弾性シーラント施工が標準的な施工方法です。


6.サッシの取り付け形状の種類(サッシの取り付け形状の確認をします。)

サッシ・カーテンウォールの取り付け形状
金属カーテンウォール又は可動サッシ
PC部材に打ち込み又は植え付けサッシ

※動くか動かないかで判断する。(ドアは動くが、窓は動かない⇒可動にする)
※上記表の右側に行くほど、熱割れに影響する可能性が高くなります。


※活動地域・・・東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、神奈川県
※電話受付・・・平日 9:00〜18:00 土・日・祝日休み
※365日休まず施工を致しております。(土・日・祝日 OK)
※お見積もり、お問い合わせ・・・・電話又はお問い合わせページにて
※営業時間外のお見積もり、お問い合わせに関しては、お問い合わせページにて対応致します。
※場所・時間・依頼内容によって料金が異なりますので気軽にご連絡ください。
   ご希望があれば、担当者が直接現地へ詳細説明、お見積りにお伺いします。