窓ガラスフィルム施工プロ/Business Succeed LLC
ビジネスサクシード(同) 東京都港区浜松町2-2-15 2F TEL:03-6775-9866 受付:9:00〜18:00(土・日・祝日休み) 施工:年中無休
千葉県千葉市稲毛区園生町1312-1-512  TEL:東京本社又はお問い合わせフォームにて対応 
新型コロナウィルスについて
弊社スタッフは新型コロナワクチン接種を完了しておりますので、安心・安全施工に心がけております。(3回接種済)

弊社独自情報

最新情報

窓ガラスのお悩み特集

窓ガラスフィルムの種類

取扱いフィルムメ-カ-紹介

窓ガラスフィルムの豆知識

窓ガラスの豆知識

窓ガラスフィルムの施工法

窓ガラスフィルムランキング

お勧め一押し製品

無料お見積り
窓ガラスフィルム施工プロ
では、現地での無料
見積りを致しております。
出張交通費も無料ですの
で、連絡お願い致します。

電話又はお問い合わせ
ページで受付致します。

《お見積り可能地域》
東京都/千葉県/
埼玉県/神奈川県
(一部不可能な地域あり)

ご 案 内

求人ニュース

業務提携

協力会社様

弊社登録サイト

相互リンク


ザ・ビジネスモールとは

日本全国約500団体以上の
商工会議所・商工会で共同
で運営する「会員限定」の
商取引支援サイトです。

友だち追加

Tweet to @garasufilm_pro

プロ登録サイト

ミツモアバッジ




【国家資格】1級ガラス用フィルム施工技能士による確かな施工



防犯フィルム施工方法

防犯フィルム施工方法をご説明致します。

窓ガラスからの空き巣対策、台風、地震対策に!!

1.窓ガラスへの破壊行為に耐えて、侵入に時間をかけさせてあきらめさせる効果が期待できます。
※空き巣の約70%は「窓」からの侵入です。
※防犯部材の併用で効果大!!
※ガラスを割る際に大きな音が発生し、大きなリスク、労力と時間がかかり、
ほとんどの場合侵入をあきらめる。

2.台風や竜巻などの突風による飛来物対策(防災)
台風や竜巻などの突風による被害が大きくなっていることから窓ガラスへの飛来物対策が
非常に重要になります。




注意:防犯フィルム施工は、フィルムが厚く硬いため、通常の施工方法とは異なります。

【防犯フィルム施工手順】

1.窓ガラスの採寸をする
まず窓ガラスの見付け寸法を上下左右4辺、正確に採寸する。(間違えるとフィルムが無駄になるので注意)
※対角線の長さについても行う場合があります。

2.養生
養生箇所は、フィルムを施工するサッシ周り及びフィルムをカットする作業場所である。
フィルムをカットする場所の養生は、作業面にプラスチック製のシートを敷いて養生する。
(その上にカッティングマットを敷く)
なお、作業場所に近いところにある家具、パソコン等は予め移動しておく必要がある。

2.フィルムの裁断
フィルムをガラス面上で裁断するのではなく、予め他の場所で他の場所で裁断を行うプレカットが必要です。
がたつきや歪みのないしっかりした作業台(又はプラスチック製シート)でカッティングマットを敷きプレカットする。

1.大型カッター、ロータリーカッター等を用いて、フィルムを包装箱より引き出し、ガラスの見付け寸法より
50mm程度(切り代)大きく粗切りする。

2.粗切りされたフィルムのハードコート層を上にして、カッティングマットの上に置いてマスキングテープで
仮止めする。(剥離フィルム面からカットすると、そのエッジ部分が反り上がることがある。)

3.フィルムの裁断寸法に合わせて直尺、三角定規等を用いてペンでマーキングする。

4.マーキングに直尺等を合わせてロータリーカッター(大型カッター)でカットする。
フィルムのカットは1度切りとし、特に四隅の角度(直角性)に注意して行う。

5.カットしたフィルムは平置き又は巻きぐせができないように大巻保存。

3.フィルムの貼り付け
1.ガラスに洗浄液をまいて清掃して、施工液をまく。

2.裁断したフィルムの剥離紙をはがしながら、施工液をまく。

3.フィルムを窓ガラス面に押し付け、シーリング材又はガスケットとの隙間(1〜2mm)を確認して
スキージーで仮止めする。

4.ゆっくり、強く、一定圧力で上部から下部へ圧着
(フィルムは厚く硬いため圧着作業を3回程度スキージングを繰り返して施工液を完全に押し出す。)

※厚く硬いフィルムですので、通常のフィルムなどに比べて施工液が抜けにくくなっています。
また、接着層が厚く多くの水分を吸収しますので、施工環境に応じて施工液の調整が必要です。
(日が差して熱っせられている窓への施工は、施工液を多めに使用する。)

4.仕上げ
ガラス周辺に押し出された施工液をキッチンペーパーで拭き取り、再度ヘラにキッチンペーパーをつけて
周辺部を圧着しながら、水分を拭き取る。

5.乾燥の促進/養生期間
養生期間を短縮するには、空調設備を利用する。
通常、養生期間は夏季で1ヶ月、冬季で2〜3ヶ月です。

防犯フィルムについては、その施工前に、次の事項を確認するとともに施主に対して
フィルムの性能等についても説明する必要があります。

1.ガラスの厚さ5mm以上、全面貼りでその機能を発揮するものである。
2.侵入手段に有効な防犯対策で、完全に侵入を防ぐものではない。(防犯部材を補助するもの)
3.サッシの種類、使用状態、補助カギのない場合は、防犯性能に差が出る。
4.水分が乾燥し、フィルムが十分な粘着力を発揮するには、養生期間が必要であること。
5.施工後、白濁や水泡などが発生することがありますが、これらは、時間とともに消失すること。
※白濁、水泡の消失時期は、施工時期、施工箇所により変化します。

※外貼り工事については、ゴンドラ又は足場の使用がどうか協議し、不可能な場合は、
内貼り工事への変更を協議する。
※ガラス以外へのフィルム工事は、原則として行わない。
(アクリル板、ポリカーボネート板等)

※活動地域・・・東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
※電話受付・・・平日 9:00〜18:00 土・日・祝日休み
※365日休まず施工を致しております。(土・日・祝日 OK)
※お見積もり、お問い合わせ・・・・電話又はお問い合わせページにて
※営業時間外のお見積もり、お問い合わせに関しては、お問い合わせページにて対応致します。
※場所・時間・依頼内容によって料金が異なりますので気軽にご連絡ください。
   ご希望があれば、担当者が直接現地へ詳細説明、お見積りにお伺いします。